読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクラムチームの最悪の敵に対処する

寒くなってきましたね。

この前の記事が暑い話だったのは、いつの話ですかね。

 

で、今回は、スクラムチームの最悪の敵の話です。

まあ、プロダクト開発をぐるぐる続けられているなら、魑魅魍魎ステークホルダーともうまくつきあえるようになっているでしょう。

 

でも、怖い敵はいるのです。

 

 

 

 

インフルエンザ

 

寒くなってくると、そろそろと流行りはじめます。

 

チームメンバーの誰かが、敵の手に落ちます。敵もさることながら、いきなりは攻撃してきません。ちょっとだるいなとか、頭が重いなくらいの感覚です。

 

でもプロジェクトは進めないといけませんから、がんばって出社します。最近の風邪薬は強力ですから、多少の熱、咳くらいはコントロールできます。熱が下がったのでデイリースクラムに参加します。プランニングポーカーでエキサイトすることもあるでしょう。

 

はい、これでチームは敵の手に落ちてしまいました。しばらくすると、みんな感染します。フロア全体に蔓延したりします。あれれ、今回のスプリントどこまでやるんだったっけ?多少のベロシティ変化がぶっとぶくらいのダメージです。

 

改善しましょう。 

  • チームで予防接種を受けましょう。
  •  ちょっとでも体調がすぐれなかったら、出社せずに様子をみましょう(あなたは敵の手に落ちた生物テロ兵器になってるかもしれません)
  • リモートワークの練習をしましょう。

それでは、みなさまお大事に。

次回のふりかえりのときに、ぜひ話し合ってみてくださいな。

 

追記(2013/11/14 16:40):

具合の悪そうなのがデイリースクラムにいるのを見つけた時は、そいつをつまみ出して、適切な治療を受けさせるのはスクラムマスターの仕事です。咳こみながらデイリースクラムにでるんじゃありませんよ。

 

 

P.S.

筆者は神戸在住なので、数年前の新型インフルエンザのときは、しばらくクライアント先に行かず閉じこもってました。なかなか手強いです。