読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MPP(Majide Perapera Project)でしゃべってきました

牛尾さんとgaoryuさんにアレンジいただいて、こんなイベントでしゃべってきました。参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

英語学習勉強会「英語の達人に聞く」「私と子供が英語をしゃべれるようになった訳(原田騎郎氏)」 | Facebook

 

まあ、イベントないの私の説明は話1/4くらいで聞いて頂くとして。

 

案内では全く説明していませんでしたが、当日は、ほとんど日本語をしゃべらず、ほぼ英語だけで、プレゼンも質疑応答もやりました。

 

MPP 自体は、英語をぺらぺらにしゃべれるようになりたい、という勉強会をやっているコミュニティですが、これまでの会はあんまりしゃべっていないような気がしたので、ちょっとやってみようかと。

 

まったくついていけてなくてもつまらないので、適宜、「日本語に切り替えますか?」という質問を一応は(英語でw)していたのですが、手があがらなかったので、英語のままで。

 

初めて英語をしゃべってみようという場合、実は日本語で考える脳みそと英語で考える脳みそを同時に使おうとしてしまいます。そうすると、英語でひっかかっても、日本語でひっかかっても、言葉がでてこなくなってしまいまし、ものすごく効率が悪いです。ちょっと時間をかけて日本語の処理をちょっとお休みして、ちょっと羞恥心を克服すると、英語が出てきやすくなります。

 

ほぼ1時間英語だけの環境だったので、結構、英語脳になれてきて、あとからはわりとしゃべれるようになってたんじゃないでしょうか?

 

前半で、英語のプレゼンを聞いてみる練習用に使ったスライドがこちら。改善の話ですが、きっと言葉の学習などにも役に立つのではないかと。

#改訂、改善を続けたいので、ぜひフィードバックをください。

後半の私と自分の子供が、どうやって英語を勉強したかのスライドは、割愛します。ご興味のある方は、またどこかでお話ししましょう。
 
プレゼン後に英単語を増やすのにおすすめした辞書がこちら。
日本語がなくて絵に英語が詳しくついているので、日本語を経由せずに英単語や用例を覚えられます。日本語対訳付きもありますが、Monolingual版がおすすめです。
Oxford Picture Dictionary: Monolingual

Oxford Picture Dictionary: Monolingual

 

 

あと実地の勉強法としておすすめしたのがネーティブじゃない英語スピーカーが集まるアジアのカンファレンスへの参加でした。Agile Tour Vietnam / Agile Tour Singapore で、今年は一段落してしまったので、またおすすめのものがあったらお知らせしますね。

私自身は、来週はこれに参加してきます。三日間、すごくめんどくさい議論が続きそうで、非常に楽しみです。


Find Upcoming Scrum Events and Connect with the Scrum Community - Scrum Alliance

 
でも、参加者に英語耳の松澤先生がいらっしゃったのには、びっくりしました。最後にちょっとお話いただいたのですが、頭の中にフリーザの絵が浮かんでました ;) 慢心せずに、練習を続けることにしましょう。
 
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
ご遠慮なく、ご意見、ご質問などをいただければと思います。