読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike Beedle 氏の認定スクラムマスタ研修を開催します。

 

来年の年始、1/14-15に開催されるRegional Scrum Gathering Tokyo 2014に、Mike Beedle氏がキーノートスピーカーとして来日します。

 

その来日に合わせて、1/9-10 と  1/16-17 に Mike氏による認定スクラムマスタ研修を開催します。詳細資料はこちら

 

Mike Beedle 氏は、スクラムを作った Jeff Sutherland / Ken Schwaber 以外で、初めてスクラムを適用した人です。しかも、スクラムの説明にあるように小さなチームからのスタートではなく、トラブルに陥った200名を超えるプロジェクトを立てなおすためにスクラムが使われました。

 

氏の研修は、Enterprise Scrum (企業のためのスクラム)となっています。

ソフトウェアに限らず、さまざまなビジネスがいかにアジャイル・リーンという方向性に向いてきたかを解き明かしながら、どうやってスクラムを活用したらよいかという面を中心とした内容となっています。その中で、どうやってアジャイルマニフェストが、”アジャイル”という言葉を選んだのかが解き明かされます。これまで、あまりアジャイル開発向きではないと思われていた業界、業務で、どのようにスクラムを活用するかというプラクティスは、今の日本のソフトウェア業界でも参考になることが多いと思われます。

 

また、最近ふたたび注目をあびつつあるパターンランゲージが、どうスクラムの成立と発展に寄与したかを知ることができるのも興味深いと思われます。最近、翻訳された「組織パターン」と、野中・竹内氏の論文、そしてリーンがどのよう組み合わさってスクラムが生まれ、さらにビジネスにおけるパターンを産み出してきたかが語られます。

 

今回、2回の認定スクラムマスタ研修を行いますが、1回目は同時通訳無しで行います(テキストは、日英対訳のものを用意します)。逐次の翻訳は行いませんが、必要に応じて私が通訳支援をしますので、ぜひ英語の練習も兼ねて参加していただけるとよろしいかと思います。

 

それでは、ご参加をお待ちしております。

 

開催概要

f:id:haradakiro:20131126130711g:plain

 

 

f:id:haradakiro:20131126130724g:plain